めんどくさがり屋が選ぶ注文住宅の動画と本

渋々自宅を建てることになって手間を省きたくて観まくった注文住宅の動画と本のまとめ

【土地】超重要&便利!地盤サポートマップ

こんにちは~。渋々自宅を建てることになった意識低い系ゴリラです。

 

東北でまた大きな地震がありましたね。東京でも怖さを感じるくらいの大きな揺れでした。2011年の大地震を思い起こさせるほどです。震源が近ければ揺れはもちろん大きいですが、それでも同じ地域内でも揺れやすい場所、比較的揺れない場所があるようです。これは地盤の強さによるそうです。

 

今日は地盤サポートマップをご紹介します。地盤サポートマップでは地震の揺れやすさや過去にその土地が何であったかがわかる便利マップです。

 

目次 

 

 

地盤サポートマップの例

下は地盤サポートマップの例です。地盤サポートマップに入って左上のメニューで地震を選ぶと揺れやすさが表示されます。

f:id:Gorilyn:20210214095137j:plain

地盤サポートマップ(揺れやすさ)

赤色が濃いほど揺れやすいことを示します。濃淡ありますね。これも拡大できます。

f:id:Gorilyn:20210214095217j:plain

地盤サポートマップ拡大図(揺れやすさ)

 

同じ地域内でも違うものですね!

 

地盤サポートマップへのリンク

各地の地盤の揺れやすさはこちらで確認できるので、是非ご確認下さい。これはとても使いやすくて見やすいのでおすすめです。

supportmap.jp

 

地盤サポートマップの使い方

 上のリンクをクリックして地盤サポートマップのサイトに移動すると、画面の左上にこのようなメニューが登場します。

 

f:id:Gorilyn:20210214170353j:plain

メニュー

地震に対する揺れやすさを見るには赤丸で囲った「地震」を選びます。すると先ほどの例のような画面に移り、地震に対する揺れやすさを確認することができます。注意が必要なのは、いくら揺れにくい地盤であっても震源が近ければやっぱり大きく揺れるということです。なので活断層や火山からの距離も考えて場所を選ぶことになります。

 

地震」と似ているメニューで「地耐力」というメニューがあります。これは地盤調査をした結果が示されています。具体的に確認できるということですね。

f:id:Gorilyn:20210214171034j:plain

地盤サポートマップ 地耐力

地図中に色のついた点が現れますが、ピンクの点が「弱い地盤」を示し、黒い点が「強い地盤」を示します。これは実際に測定したものなので参考になります。

 

ちなみにこの地盤サポートマップで洪水・土砂災害のリスクも確認できます。ハザードマップの情報がこちらでも確認ができてしまうという優れものです。

f:id:Gorilyn:20210214171437j:plain

地盤サポートマップ 洪水・土砂

超便利です!その他に「地形」や「成り立ち」も調べられてしまいます。いやーーー、便利ですね。

 

 

最後に

地盤サポートマップの紹介をしました。先日紹介したハザードマップの情報も含まれているので、これ一個でいいかも知れませんね。それではまた~。ありがとうございました。

 

関連するエントリー

 ハザードマップのご紹介です。これは国土交通省のサイトなので、こちらが一次情報になります。

newhome.hateblo.jp

 

「災害に強い住宅選び」の本のご紹介

newhome.hateblo.jp

 

ラクジュさんのYouTube動画のご紹介

newhome.hateblo.jp

 

関連動画

耐震性能、地盤の影響(「構造塾」木造住宅の耐震性能を本気で考える!)

地盤の固さと住宅へのダメージの出方について詳しく分かりやすく解説されています!地盤が固い場合と柔らかい場合で建物に求められる耐震性能が違うそうです。耐震等級3が取れていれば大丈夫だそうです!

www.youtube.com

 

地震に備えよ!!お古のiPhone地震計に!?(高性能な家づくりチャンネル)

古くなったiPhoneで揺れ方の記録ができちゃうそうです!こういうガジェット系大好物です。いつもめちゃくちゃ分かりやすく解説してくれています。この人絶対頭良いと思う。

youtu.be

【土地】超重要!ハザードマップ(洪水・土砂災害など)

こんにちは~。渋々自宅を建てることになった意識低い系ゴリラです。

 

これまでに土地についての動画と本を紹介しましたが、そのどちらでもハザードマップ」の確認がまず大切!と指摘されていて、これは見なければ!と思って私もすぐに確認しました。ハザードマップでは日本国中の洪水や土砂災害のリスクが一目で分かります。無料だし分かりやすいし使わない手はありません!

 

【土地・建物】災害に強い住宅選び(長嶋修) - めんどくさがり屋が選ぶ注文住宅の動画と本 

【土地購入】チェックポイントと買っちゃダメな土地(ラクジュ建設と不動産さんの動画) - めんどくさがり屋が選ぶ注文住宅の動画と本

 

洪水や土砂災害はもちろん危険ですが、命が助かったとしても自宅が水に浸かってしまったり土砂が入り込んでしまったりしては建て直しをしなくてはいけなくなったりしてしまいます。これは自宅の構造や設備で悩むよりも超重要な問題です!私自身はできれば自宅の資産性も維持したいと思っているので、そもそも災害リスクのある土地を選んでしまうと水害や土砂災害がおきて資産価値がガタ落ちしてしまうのも避けたいです。

 

目次

 

洪水災害リスク

ハザードマップがどんな感じで表示されるかというと、例えば洪水情報としてはこんな感じです。東京都と埼玉県の県境周辺のハザードマップです。

f:id:Gorilyn:20210213223249j:plain

ハザードマップ(洪水災害リスク)

赤色が濃い場所ほど洪水被害のリスクが高いことを示しています。大きな川の周辺は洪水被害のリスクが高いことがわかります。これは今大きなスケールで見えていますが、下の画像のようにかなり拡大できるので興味ある土地のリスクをピンポイントで確認することができます。こちらの例は東京のJR赤羽駅周辺の洪水被害リスクの表示になります。

f:id:Gorilyn:20210213224426j:plain

ハザードマップ拡大(洪水災害リスク)

赤羽駅の東側は荒川に近く、洪水災害のリスクが高めのようです。一方赤羽駅の西側は高台になっていて洪水災害リスクが低いようです。「赤羽台」という地名が示す通り、台地状になっているところは洪水災害リスクは低くなっています。

 

このように同じ地域であってもかなり洪水災害リスクが違うことがわかります。

 

ゲリラ豪雨や台風によって川がはんらんするニュースを頻繁に聞くようになったので、これから土地を選ぶのであれば災害リスクの低い場所を選ぶのが良いと思います。すでに土地が決まっている場合は、自分の土地の災害リスクを知った上で、自宅の設備や構造で対処することが大切です。

 

いずれにせよ既に判っているリスクは把握して準備したいですね!

 

水害リスクとしては、洪水の他に高潮や津波のリスクもハザードマップで確認ができます。

 

土砂災害リスク

海や川から遠い地域の場合水害のリスクは相対的に低くなりますが、山間部に近い場合は土砂災害リスクを気にしないといけません。

 

こちらの例は東京都と山梨県の県境周辺の土砂災害リスクに関するハザードマップです。

f:id:Gorilyn:20210213225432j:plain

ハザードマップ(土砂災害リスク)

土砂災害リスクの場合も赤色が濃いほど土砂災害リスクが高いことを示します。東京の西側にいくと土砂災害リスクの高い地域が多くなることがわかります。

 

これもかなり拡大できて興味ある土地周辺のリスクを詳細に確認することができます。下の例はJR高尾駅周辺のハザードマップです。

f:id:Gorilyn:20210213225814j:plain

ハザードマップ拡大(土砂災害リスク)

JR中央線の線路も土砂災害のリスクが高いのですね!このようにかなりピンポイントの災害リスクが確認できます。

 

国がこのような情報をきちんと提供してくれているのですね。ありがとう~、国!不動産屋さんが積極的に「ここはリスクが高いですよ!」とは言ってくれないので自分で確認することが超重要です!

 

ハザードマップポータルサイト

こちらがハザードマップポータルサイトです。日本地図から自分の興味がある場所を確認することもできるし、市区町村名を入れて検索することも可能です。とーーっても便利です!是非ご家族のお住まいやこれから購入しようとしている土地について調べてみましょう。

 

disaportal.gsi.go.jp

 

最後に 

今日はハザードマップを紹介しました。こんな貴重な情報が無料でしかもわかりやすく提供されていることに感動しました。ハザードマップを利用しない手はないです!私も土地選びの指針ができました。

 

これまで賃貸に住んでいましたので、最寄り駅からの距離であったり、職場まで通いやすい路線沿線であることの優先順位が高かったですが、ハザードマップを見て考えを変えました。自宅を購入する気がさらさらなかったゴリラなので、どこに土地を買おうかなんてこれっぽっちも考えていませんでしたが、ハザードマップをみてだいたいのエリアを特定することができました。

 

私のような面倒臭がりな人もハザードマップは要チェックです!

 

 関連するエントリー

こちらのエントリーでは「災害に強い住宅選び」という本を紹介しています。

newhome.hateblo.jp

 

こちらのエントリーでは土地の選び方を紹介してくれているラクジュさんのYouTube動画を紹介しています。

newhome.hateblo.jp

 

地盤サポートマップのご紹介。ハザードマップに加えて地盤の強さの確認もできちゃうすぐれものです。

newhome.hateblo.jp

 

【土地・建物】災害に強い住宅選び(長嶋修)

こんにちは~。渋々自宅を建てることになった意識低い系ゴリラです。

 

自宅を建てた後に、洪水、土砂崩れ、地震などの被害にあうのは怖いですよね!私はめちゃくちゃ恐れています。家族の安全がとにかく重要です!地震の恐怖は言うまでもないですが、見落とされがちではありますが水の被害も非常に多いです。また人への被害がなかったとしても住宅に被害があって住めなくなってしまったら困ります。

 

f:id:Gorilyn:20210202224727j:plain

 

災害にあいにくい土地を選びたいですよね。また災害による被害を小さく留めてくれる建物があるのであればそれを選びたいですよね。これらのニーズにこたえてくれるのが今日ご紹介する「災害に強い住宅選び(長嶋修)」です。

 

目次

 

災害に強い住宅選び(長嶋修)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

災害に強い住宅選び (日経プレミアシリーズ) [ 長嶋 修 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2021/2/1時点)

楽天で購入

 

 

本の目次

 プロローグ 露呈した都市の脆弱性

 第1章 不動産の災害リスクは自己責任である

 第2章 土地の良し悪しをどう見分けるか

 第3章 マンションは想像以上に風水害に弱い

 第4章 こんな一戸建てに注意せよ 

 第5章 減災のための事前対策・事後対策

 

ポイント

 第1章では土地のリスクを調べ、それに応じた対策を行う重要性が述べられています。章のタイトル通り不動産の災害リスクは自己責任という厳しい現実を認識させられます。賃貸にはない責任ですねーー。ドキドキします。地震の方がセンセーショナルに報道される傾向があるし、自分自身が経験しているのも地震だけで水害の被害を受けたことがなかったので現実味がなかったのですが、水害も要注意です!

 

私は「ハザードマップ」という言葉は聞いたことがありましたが、見たことは一度もありませんでした。第1章を読んだ直後にハザードマップを速攻で確認しました!職場に近いとか交通の便が良いとか賃貸マンションを探す感覚で戸建て用の土地を探していましたが、ハザードマップを見てかなり候補エリアが変わりました。ハザードマップは必見です!

 

f:id:Gorilyn:20210202230406j:plain

 

第2章では具体的な土地の良し悪しを調べるための方法が説明されています。様々な方法を本書内で紹介されていますが、特に重要だと思うものはこちらです。

こちらの2つの確認は必須ですね!いずれもインターネットで入手可能です。各自治体で違うようなので次のように検索をしてみると確認できると思います。

 

 「ハザードマップ (都道府県名)」

 「大規模盛土造成地マップ (市町村や都道府県名)」

 

( )の中には調べたい都道府県や市町村名を入れてみてください。

例:「ハザードマップ 北海道」

 

第4章ではいよいよ一戸建てに関する注意点が記載されています。印象的だったのは次の文です。

一戸建て住宅を選ぶにあたって重要なのは、マンションでも同じですが、一にも二にも立地です。木造にするか、鉄骨造や鉄筋コンクリート造にするか、ということで頭を悩ませるのは、その後です。

 

展示場でハウスメーカーの話を聞いて「鉄骨」がいいのか「木造」がいいのか悩み始めていたので目から鱗でした。まずはとにかく立地が重要なのですね!

 

あとはバルコニーや屋根からの雨漏りについても詳しく説明されています。雨漏りしやすい屋根、雨漏りしにくい屋根も紹介されています。この点は非常に参考になりました。片流れ屋根は雨漏りしやすいという記載でしたが、結局私の自宅は片流れ屋根になりましたね~~。少し心配です。一方でバルコニーをつけるのはやめました。ただし特定のバルコニーや屋根の形状が雨漏りを引き起こすのではなく、あくまでも施工がきちんとされていないのが問題ということでした。結局はきちんとした施工がとても大事ですね。

 

今日は以上です。近々ハザードマップほか、土地選びに便利だったサイトをまとめてご紹介したいと思います。ありがとうございましたー。

 

災害に強い住宅選び(長嶋修)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

災害に強い住宅選び (日経プレミアシリーズ) [ 長嶋 修 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2021/2/1時点)

楽天で購入

 

 

 

本書を書かれた長嶋修さんの事務所、さくら事務所さんがYouTubeも配信しています。本の内容と同じ内容もお話されていますので、こちらを視聴するのも良いと思います!何度も言いますがこんな貴重な情報が無料で得られるなんてすごいですね!アップロードされている専門家の皆様に感謝です。

www.youtube.com

ブログランキング・にほんブログ村へ

【住宅ローン】変動金利vsフラット35どっちが得なのか ちゃんと答え出しました!(住宅FP関根さん)

こんにちは~。渋々自宅を建てることになった意識低い系ゴリラです。

 

今日もお金に関する動画をご紹介しまーす。以前に千日太郎さんの動画と本をご紹介しました。千日太郎さんの動画をみて私は固定金利で住宅ローンを組もうっと決めていましたが、今日紹介する住宅FP関根さんの動画を見て変動金利に変えました!我ながら影響されやすいですね~。

 

変動金利にするのか固定金利にするのか迷っている人は今日ご紹介する動画を見る価値ありです!

 

【千日太郎さんの動画と本を紹介した投稿】 

【住宅ローン】住宅喪失しないための4つのルール(千日太郎さんの動画と本) - めんどくさがり屋が選ぶ注文住宅の動画と本

 

f:id:Gorilyn:20210130214558j:plain

 

変動金利vsフラット35どっちが得なのか ちゃんと答え出しました!

過去のデータを示しながら判断材料を提供してくれています。説得力ありました。住宅FP関根さんの計算ではバブル経済が再来したらフラット35の方がお得になるそうです。結論は変動金利です!私は変動金利か固定金利か迷っていましたが、この動画を見て変動金利に決心しました。友達から変動金利を薦められても不安しかありませんでしたが、この動画を見てきっぱりと変動金利を選択することができました。

youtu.be

 

あと、住宅ローンの金利がとても低いので資産運用に慣れている人は手元資金を残して運用した方が良いですね~。投資用になかなかこんな金利でお金は借りられないですよね、きっと。借金して投資をしたことがないので知りませんが。将来万が一住宅ローンの金利が上がることがあっても、その時は景気が良く全体的に株価があがっている可能性は高いでしょうし、インデックス投資など分散投資をしていれば良いように思います。私は既に10年以上インデックス投資をしているので、そのまま投資を継続します。

 

今日は以上になります。ありがとうございましたー!

 

【関連するおすすめ本】

住宅ローンだけでなく、住宅購入の全体を分かりやすく解説してくれています。住宅購入検討し始めに最適です。


 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【住宅ローン】借りられるだけ借りろ!(元銀行員)

こんにちは~。渋々自宅を建てることになった意識低い系ゴリラです。

 

今日は動画や本の紹介ではなく、元銀行員の元上司に言われた言葉を紹介します。

「住宅ローンは借りられるだけ借りろ」 

 

   f:id:Gorilyn:20210130225203j:plain

 

目次

 

住宅ローンは借りられるだけ借りろ

これを聞いたときは「まーーたこの人過激なことを言っているなぁ」と思いましたが、いざ自分が住宅を建てることを真剣に考えはじめるととても合理的なアドバイスであることに気付きました。

 

元銀行員の元上司がこう言ったのには理由がありまして、それがこちらです。

  • 住宅ローンの金利はとても低いから
  • 団体信用生命保険(団信)というお得な生命保険があるから
  • 住宅ローン減税でお得だから
  • 自分が死んだあとに残せる資産が多くなるから

 

彼の言葉の最大のポイントは「自分が死んだあとに残せる資産が多くなるから」という点です。

 

架空の例を作って説明してみたいと思います。(適当な例なので詳細はご容赦下さい。)

 

あなたに家族がいてあなた名義で住宅ローン(団信あり)を借りて自宅を買ったとします。

 

ある時の住宅ローンの残債が1,500万円で、手元に現金が1,000万円あるとします。あなたは住宅ローンを繰上返済しますか?

 

 A. 繰上返済する

 B. 繰上返済しない 

 

選ばれましたでしょうか? 

 

その直後、あなたは不慮の事故で亡くなってしまったとします。

それぞれの場合にあなたのご家族にどれくらい資産が残るかということをみてみましょう。

 

A. 繰上返済した場合 

手元の現金1,000万円を住宅ローンの繰上返済にあてたとすると、下図に示すように住宅ローン残債が500万円、手元の現金がゼロになります。

 

この状態であなたが亡くなった場合、団信に入っているので住宅ローンは無くなり、自宅が家族に残せます。一方で繰上返済に使ったので家族に残せる現金はゼロになります。

 

f:id:Gorilyn:20210131094308j:plain

A. 繰上返済した場合

 

B. 繰上返済しない場合

住宅ローンの繰上返済をせずに現金1,000万円をそのまま手元に残しておいた場合、下図に示すように住宅ローン残債が1,500万円、手元の現金が1,000万円です。

 

この状態であなたが亡くなった場合、先ほどと同様に団信に入っているので住宅ローンは無くなり、自宅は家族に残せます。一方で家族に残せる現金は1,000万円のままになります(税金等はこの際無視しています)。

 

f:id:Gorilyn:20210131094242j:plain

B. 繰上返済しない場合

 

もうお分かりですね。つまり繰上返済をしない方が手元の現金分だけ家族に多く残すことができます。この例では1,000万円多く家族に現金資産を残すことができることになります。

 

家族に残せる資産の多さという観点では「B. 繰上返済しない」というのが正解になります。初めて知ったときは目から鱗でしたね~。

 

上の例では繰上返済について書きましたが住宅購入時でも同じで、ポイントは手元に現金があっても住宅ローン(団信あり)で多めにお金を借りる、ということです。そうすることで自分が死んでしまった場合、家族に残せる資産が多くなります。私も当初考えていたよりもかなーり多めに住宅ローンを借りることにしました。

 

とは言っても借金の額が膨らむとなんとも言えないプレッシャーや不安がのしかかりますよね。わかります。私もそうです。心理的なプレッシャーや不安で生活が楽しくなくなってしまうほどに住宅ローンを増やすのは絶対に良くないと思いますので、それぞれの許容度の範囲内で参考にして頂けたらと思います。

 

最後に

特に若い世代でこれから住宅を建てようという人達は、ずっと先の自分が死んだ後のことまでなかなか考えられなかったりしますよね。40半ばの私も考えていませんでした。でも「現金があっても住宅ローンを借りる」、「団信をつける」などは住宅購入時に決めておかないといけないので大切なことです。 団信に入れなかったり、団信に入るための追加費用が高い場合は別の戦略が必要ですが、団信がつけられるならつけて住宅ローンを組むと良いと思います。

 

 

私自身はだいぶ前にロバート・キヨサキさんの「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んで、「なるほどーーー自宅は負債なのか。ローンを組むのは損だから買うのなら現金で買おう。」とずっと考えていました。(下の方に本のリンクをはっておきます)

 

でも自分が住宅を買うために改めて勉強をしてみると、住宅控除を使えばそもそも住宅ローンを利用した方がお得なことがわかりました(下に関連動画のリンクをはっておきます)。またロバート・キヨサキさんの本は自分の資産を増やすことについて書かれていますが、家族に残す遺産の事まで考えを広げると、団信をつけた住宅ローンの方がお得だという結論に至りました。勉強したことを更新していくことは大切ですねーー。

 

あとはローンが返せなくなったり、転勤があったり、離婚したり、想定外の事が起こって自宅を手放さなくてはいけない事態も想定して、売却しやすい土地や建物にしておくことも重要ですね。

 

今日は以上です。ありがとうございました!

 

関連動画と本

・現金があっても住宅ローンを組む!だってその方が得だから!(住宅FP関根)

住宅減税制度を利用すれば住宅ローンを組んだ方がお得だよ、という動画。

youtu.be

 

・改訂版 金持ち父さん貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

負債を減らして資産を増やしましょう。自宅は資産ではなく負債ですよ(お金が出ていく)。雇われた状態は不利だから雇う立場になりましょう。という内容です。詳細はともかくお金についての基本的な考え方を学ぶにはとても良い本です。


 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

【住宅ローン】住宅喪失しないための4つのルール(千日太郎さんの動画と本)

こんにちは~。渋々自宅を建てることになった意識低い系ゴリラです。

 

自宅を建てるのにお金のことって気になりますよね。というか自宅に興味が無い私はもうそのことで頭いっぱいです。あーーーー大きな借金を背負うのか(変な動悸)!あぁあ、自由がますます減ってしまう。仕事失敗できないじゃん。別に借金してまで自宅いらないんだけどな(ブツブツ)。なんてことばかり考えていました。妻だけルンルンなんですよね。。。今は心配するのに疲れてしまい無心(放心状態?)になっています。

 

     f:id:Gorilyn:20210130130056j:plain

 

とはいえ土地購入や建物を建てるのに予算を最初に決めないといけないなと思い、参考にしたのは千日太郎さんのYouTube動画と本です。お金だけは真剣になりました!

 

目次

 

2021年 住宅ローンが原因で家を喪失しないための4つのルール

住宅ローンで家を喪失してしまうの?怖っ!!と思ってみたのがこの動画です。住宅ローンについて4つのルールを紹介してくれています。

  1. 毎月の返済は手取り月収の4割以下でボーナス払いなしにする
  2. 返済額が一定になる元利均等返済方式を選ぶ
  3. シミュレーションの金利は固定金利
  4. 定年(60歳)時のローン残高は1000万円以下にする

 

youtu.be

 

 家を買うときに「お金で損したくない人」が読む本

 タイトルを見てこれ僕のことじゃん!と思って買った本です。気になっていたのは自宅よりもお金の事でしたからね。上の動画でお話している千日太郎さんの本です。「いくらの家が買えるのか」、「価値の下がらない家を買うための物件選びと交渉のコツ」などお金のことで頭いっぱいの私のニーズにばっちり答えてくれる本でした。

 

   f:id:Gorilyn:20210130130253j:plain

 

結局自分はいくらの支払いにしておけばいいんだろうと思っていましたが、この本では収入や年齢の例を出して丁寧に説明してくれていて助かりました(例えば月収30万円、40歳、60歳定年の人がフルローンで購入できる家の値段は 3,890万円など)。この本を読んでとっかかりのおおまかな目安ができました

 

あとは自宅、特に土地の価値下落もめちゃくちゃ気になりました少子高齢化が進んで過疎ったら価格下がりますしね。本の中で「立地適正化計画」なるものが紹介されていて、検討しているエリアについてすぐに調べることができました

 

お金の心配事について分かりやすくまとまっている本でした。お金のことで迷いがある人にはおすすめです!

 

 目次

  第1章 「家を買う」ときに後悔しないための心構え(家を買うとは何か?)
  第2章 自分はいくらの家が買えるのかを知る
  第3章 価値の下がらない家を買うための物件選びと交渉のコツ
  第4章 金利動向に左右されない住宅ローンの組み方(収入と金利変動リスク)
  第5章 万が一に備えるために保険は何が必要か?
  第6章 マイホームを買うとトクする節税と補助金
  第7章 「住宅ローン無料相談ドットコム」に寄せられた相談実例

 

↓ 家を買うときに「お金で損したくない人」が読む本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

家を買うときに「お金で損したくない人」が読む本 [ 千日太郎 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/30時点)

楽天で購入

 

 

 【姉妹本】 住宅ローンで「絶対に損したくない人」が読む本

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

住宅ローンで「絶対に損したくない人」が読む本 [ 千日太郎 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/1/30時点)

楽天で購入

 

 

最後に

予算を決めるのに大切な住宅ローンの考え方を中心に千日太郎さんの動画と本をご紹介しました。まずは動画を見て、さらに興味がある人は本を読むことをおすすめします。

 

ちなみに千日太郎さんが固定金利をすすめているので私も固定金利で最初は考えていましたが、結局変動金利を選ぼうと考えています。 変動金利を選ぶきっかけになった動画もまたアップしようと思います。

 

今日はここまでです。ありがとうございましたーー!

 

【ハウスメーカー】ヤバイ住宅営業の特徴と対策(まかろにおさん)

住宅営業マンって百戦錬磨で自分のような素人はうまく丸めこまれてぼったくられちゃいそうな気がしませんか?

 

f:id:Gorilyn:20210129223004j:plain

 

私はめちゃくちゃそう思っていました。勝手な先入観で不動産業界や建築業界ってグレーな世界がありそう!なんてイメージがあって。。。(関係者の皆さまごめんなさい)。

 

今日ご紹介する動画では元大手ハウスメーカー営業のまかろにおさんが住宅営業の裏事情や上手な付き合い方を教えてくれています。今日ご紹介する動画を資料請求や住宅展示場に行く前に是非ご覧ください!

 

私は何も知らずにとりあえず近所の住宅展示場に行ってしまい失敗しました。残念な営業さんに当たってしまったハウスメーカーは結局全てあきらめることになり(涙)、私達の選択肢が狭くなってしまいました。住宅営業さんとのつきあい方にはコツがあってとってもとってもとーっても重要です!

 

目次

  

【元社員が語る】人生を台無しにするヤバイ住宅営業の特徴【注文住宅 】

できない営業マンを避けましょうというお話です。うーーーん、そんなこと言ったって素人では見分けられないですよね!この動画では住宅営業の力量を見極める方法を教えてくれています。住宅営業の人の能力で住宅のできが大きく変わってしまうことを私は学びました。

youtu.be

  

【元社員が語る】資金計画書の闇【注文住宅】

 資金計画書とは見積書のことで、住宅営業の見積書の出し方をぶっちゃけてくれています。私のようなド素人が見積書を見せられてもそれが適正なのかどうかなんて判るはずがないですよね!この動画では予算超過を最小限にするために契約までに私達が何をしたらよいのかが勉強できます

youtu.be

 

【闇】注文住宅であなたが知らない間に損してしまう理由

住宅業界の暗黙のルールを教えてくれますこの動画は必見です!知らないと本当に後悔します。私は知らなかったのでめちゃくちゃ後悔しています(力説)!いきなり資料請求をしたり、住宅展示場でアンケートに答えてはいけません。あーーーーもっと早くこの動画を見ておきたかった!

youtu.be

 

 最後に

 工務店経営者のYouTube動画は比較的多いのですが、それと比べると住宅営業の人達の動画は少ないので、自宅を建てる私達にはとても貴重な情報でした。

 

まかろにおさんの動画を通じて、住宅営業の方の力量で住宅の仕上がりが大きく変わってしまうこと、見積書の作られ方、見積額と実際の価格に差が出る理由がわかりました。住宅営業の方とのお付き合いの仕方で特に資金面に大きな影響があるのですね~。

 

おかげでハウスメーカーを決める際の謎の値引き提案に無駄に喜ぶことは無くなりました。私達が本来の価格を知ることができない以上、本当に「値引き」がされているかどうかなんてわかりようがありませんからね。だいたい本来の価格に余分に上乗せされているか、後で追加料金として回収されるのがオチなようです。

 

これらの動画を見て、私は無駄な値引き要求はやめて予算内でなるべく良い自宅をつくる方針に決め、契約前に可能な限り詳細に希望を伝えて見積に盛り込んでもらうことにしました。完全に手ぶら状態の私でしたが、これらの動画を見ることで少しずつ自分の考えをまとめ始めることができました。おすすめです!

 

今日は以上です。ありがとうございましたー。

 

【関連する本】

【土地購入】チェックポイントと買っちゃダメな土地(ラクジュ建設と不動産さんの動画)

こんにちは~。渋々自宅を建てることになった意識低い系ゴリラです。

 

土地を買う時のポイントなんて考えたことがありますか?買ってから後悔してしまいそうで怖くありませんか?

 

f:id:Gorilyn:20210127233029j:plain

 

私は土地を買うなんてこれっぽっちも考えたことがなかったので、ポイントなんてぜーんぜん分かりませんでした(今もあやしい...)。ややこしくて考えたくもないけれど、買ってから後悔はしたくないですよね!なんか都合が良い感じですが、私は断然そうです。

 

そんな時にとても助かる3つの動画をご紹介します。この動画をみるだけでかなりレベルアップが図れると思います。

 

宅建築について最初に勉強になったのがラクジュ建設と不動産さんの動画です。私のようなド素人にもわかりやすく親切に教えてくれます。

 

目次

 

 

【土地探しからの家づくり】土地購入前に絶対観て欲しい!!7つのチェック事項!!失敗しないための知識

この動画で土地購入の全体像が把握できるようになるのでとてもおすすめです。

7つのチェックチェック項目として挙げられているのはこちらです。動画中でそれぞれわかりやすく解説してくれています。ありがたや!

  1. 土地の資産性
  2. 土地の危険性(ハザード)
  3. 敷地要件(方角、道路、擁壁)
  4. 土地建物トータル予算
  5. 住宅ローンの選定、事前審査
  6. キャッシュフロー(支出の発生タイミング)
  7. 購入後のスケジュール

youtu.be

 

【土地探しからの家づくり】そんな!土地買うな!!ダメって言えない・・なぜ?その土地買うのですか??

 土地の良し悪しを判断するポイントを紹介してくれています。まさにこの動画が私の土地探しのよりどころになりました!動画でふれられている点はずっと頭の中にいれておくと失敗確率がとても下がると思います。

 

検討ポイントはこちら。

  • 擁壁
  • 細い接道
  • 旗竿地
  • 私道
  • 広すぎる/狭すぎる土地
  • 地盤が弱い
  • 日当たりが悪い

 

こちらも動画中でわかりやすくポイントを説明してくれています。

youtu.be

 

プロが教える!買っちゃダメな土地

先ほどの動画で扱われている内容の一部を追加で説明してくれている動画です。特に災害に対する考え方が勉強になります。私にとって一番の収穫は、どこからどういう情報を入手すれば災害にあいにくい土地を選べるのか、ということが分かったところでした。

 

youtu.be

 

最後に

今回ご紹介した動画で土地購入について全体的な流れと土地を見るポイントがあるていどおさえられたと思います。ハザードマップなどの参考情報を後日アップしたいと思います。

 

こんな貴重な情報が無料で手に入るってすごいことですね。下手したら何千万円も変わってしまう可能性がありそうです。

 

私はこの3つの動画を見て「ビルダー候補(ハウスメーカー工務店)を決めてから土地を探す」、「災害の少ない地域を選ぶ」、「なるべく擁壁の無い土地を選ぶ」、「私道にしか接していない土地はなるべく避ける」、「旗竿地はなるべく避ける」という基準を持つことができました。

 

 今日は以上です。ありがとうございましたー!

 

【関連するおすすめ本】

 

おすすめ住宅系YouTubeチャンネル (2021年1月)

嫌々自宅造りを始めたズボラな私のおすすめYouTubeチャンネルをこちらにアップします。

 

動画が多くてどれを見たら良いのか分からないと思うので、項目別に具体的な動画のリンクを順次アップしていく予定です。

 

 

f:id:Gorilyn:20210124180314j:plain

 

最初に見るチャンネル 2選


ラクジュ建築と不動産

住宅に関してYouTubeを視聴するきっかけになったチャンネル。注文住宅を建てるプロセスの全体像がつかみやすくなります一級建築士で不動産コンサルをされている方が優しく説明してくれます。私のようなド素人にもわかりやすくて導入としてお薦めです。特に土地の選び方、建築業界の構造など勉強になりました。代表的なYouTuberみたいですね。

www.youtube.com

 

■ まかろにお【大手ハウスメーカー攻略法】

ハウスメーカー営業の人達との付き合い方を教えてくれるチャンネル。「いきなり展示場に行ってはいけない」というのをこのチャンネルでもっと早く学んでおきたかった。。。

www.youtube.com

 

 

レベルアップしたら見るチャンネル 4選

■ 「構造塾」日本中の木造住宅を地震で倒壊させない!

建物の耐震性が気になって視聴するようになったチャンネル。耐震性能について詳しく教えてくれていて、工法よりも耐震等級が大切ということを学びました。論理的に話してくれるので理解が深まります。

www.youtube.com

 

■ 住宅四天王 エース

ハウスメーカーの元営業マンが色んなハウスメーカーの特徴を解説してくれます。展示場に行かなくても有名なハウスメーカーの特徴が掴めます。断熱性能比較実験は最高に参考になりました。それにしても名前がすごい。

www.youtube.com

 

■ 姫路の工務店クオホーム 注文住宅

工務店の方が色んな質問に答えてくれています。私のようなド素人が持つような質問に丁寧に答えてくれるので助かります。高気密高断熱がいかに重要かという事を教えてくれます。

www.youtube.com

 

■ 千日太郎

住宅ローンについて教えてくれるチャンネル。住宅ローンの基本的な考え方から最新情報まで学べます。お金って大切ですよねーーー(しみじみ)。めちゃくちゃ気になります!

www.youtube.com

 

もっとレベルアップしたら見るチャンネル 6選

一級建築士ノリサ住宅相談室

鉄筋コンクリート造の建物専門の方のチャンネル。木造についても勉強したことを伝えてくれます。ポジショントークやその他のYouTuberへの配慮が特に無いようなので幅広く正直な意見が聞けます。頭の良さと人の良さが伝わってきます。ぶっちゃけトークをしてくれるので個人的にとても気に入っているチャンネルです。

www.youtube.com

 

■ 住宅FP関根

住宅専門ファイナンシャルプランナーのチャンネル。住宅ローンの考え方が学べます。この動画をみて私は自信を持って変動金利を選択しました。税金控除の話も分かりやすいです。おすすめです。

www.youtube.com

 

■ 高性能な家づくりチャンネル

高性能住宅についてデータを使用して論理的に説明してくれるチャンネル。説得力あります。住宅の高気密高断熱性だけでなく、電力設備の最適使用方法など費用を含めてトータルの性能で教えてくれています

www.youtube.com

 

■ 庭ファン

外構工事業者の方のチャンネル。外構工事の考え方や注意点を教えてくれます。

www.youtube.com

 

■ 【公式】さくら事務所

個人向け不動産コンサルのチャンネル。雨漏りや地盤についての解説はめちゃくちゃ勉強になります。

www.youtube.com

 

■ HAPINICE代表 林拓未

工務店の代表の方のチャンネル。失敗する間取りや設備の情報はとても勉強になります。

www.youtube.com

 

以上です。

 

お詳しい方、ズボラな私でもついていけそうな動画が抜けていたら是非教えて下さい!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

このブログの紹介

皆さん、初めまして!

 

このブログでは住宅ド素人の私の目線から注文住宅に関わる動画、ブログ、書籍をご紹介していきます。

 

f:id:Gorilyn:20210124164532j:plain

 

私はずーーっと賃貸住宅住まいで良いと考えていた人間です。そんな私が家族の事情で急遽注文住宅を建てることになり、知識ゼロから自宅造りプロジェクトがスタートしました。正直最初は全然乗り気ではなく、妻に引きずられての渋々スタートでした。何から手を付けて良いのか分からないし、調べる気力もわかないし、休日なのに展示場に行って営業トークを聞かされるのもうんざりでした。

 

とはいえ大金を出すことになるので勉強しておかないといけないなと思っても本やブログだと文字を読むのもダルかったので最初に始めたのがYouTube動画の流し聞きです。しかも2倍速で。片手間に素晴らしい情報が得られてしまうのでズボラな方にお薦めです!

 

そしてYouTube動画を見てある程度知識が増えてきたところで書籍を買って理解を深めました。この頃からようやく自宅を建てることに対して前向きになり始めました。それでも心の中では「本当に自宅を建てるのぉ~」なんて往生際の悪い事を考えていましたね。

 

土地契約とハウスメーカーを決める直前くらいに候補のハウスメーカーで建てた先輩方のブログを参考にし始めて、結局腹を括って三井ホームさんにお願いをすることにしました。ブログを見ると私との意識とレベルの違いを感じてビビります。

 

このブログでは私のような気分が乗らないけど自宅をつくることになる人達向けに、私が勉強になったと思う動画、書籍、ブログを紹介していきたいと思います。

 

とにかく動画を見る・聞くのが手軽なのでお薦めです!ということでこのブログでもまずは動画を中心にご紹介致します。

 

宜しくお願いいたします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村